キッチン

長年使い続けていたキッチンでしたが、奥様の背丈と合わない低いキッチンでした。換気扇も後付でしたので、隙間があるため冬になると外気が入り込み、キッチンに立つのがつらい状況でした。そこで、思い切って全面的にリフォームして、奥様自身に合った希望通りのキッチンに仕上げました。

Before   After
キッチン(リフォーム前) 矢印 キッチン(リフォーム後)
キッチン側の窓は大きいのですが、とても暗いキッチンダイニングの空間でした。昔の公団タイプのキッチンで天板が低く、あまり利用されない吊戸棚が圧迫感があり、壁付けの換気扇からは隙間風が入り、冬はとてもつらいキッチンでした。   キッチンの窓は、小さくなりましたがスパイスラック付のスリム出窓にしてみました。そして、写真を撮っている側に窓を新たに取り付けて、キッチンを明るくすることができました。レンジ周りはガスレンジからIHに、そして壁付け換気扇から天井埋め込み型レンジフードに変更し、タイルからキッチンパネルにしてレンジ周りもすっきりすることができました。

トイレ

玄関からトイレにかけて、シロアリが柱を食べつくし柱を触ると潰れてしまう状況でした。その柱を入れ替えする工事と同時に使いにくい和式トイレから安心して使用できる洋式トイレにリフォームしました。

Before   After
トイレ(リフォーム前) 矢印 トイレ(リフォーム後)
シロアリに被害にあった柱です。そして、段差が多くとても狭い空間の和式トイレです。   洗面・脱衣スペースも兼ねている空間なので、コンパクトタイプの洗面化粧台を設置しました。そして、洋式トイレに変更し、手すりを取付、廊下からのドアも片引き変更しました。

シャッター

シャッターが急に動かなくなったと連絡があり、シャッターBOXを開けてみるとシャフトが折れ、いつ落ちてくるかわからない状況でした。ほんと事故、怪我なく良かったです。

Before   After
シャッター(リフォーム前) 矢印 シャッター(リフォーム後)
シャフトが折れ曲がっています。もう少し連絡が遅かったら、落ちるところでした。シャッター自体も錆が多く、入れ替えることになりました。   シャッターのワイド寸法が大きく、シャッターの開閉の作業が大変なので電動シャッターに変更し、雨の日でも使い勝手が良いように、リモコン対応にしてみました。

屋根

この工法はカバールーフ工法といい、旧スレートめくらず、その上から新たにもう一枚屋根を貼る工法です。そして工法の利点は、常に稼動している工場や倉庫には工事中の急な雨にも心配なく作業ができることもあり、旧スレートに含まれるアスベストをめくらず処分費も押さえることができる工法です。

Before   After
屋根(リフォーム前) 矢印 屋根(リフォーム後)
この時点で、もうすでに雨漏りがしていました。スレート自体もかなり痛んでいました。   このようにスレートの上からもう一枚屋根をかぶせます。この屋根を押えるビスは、スレートに取り付けるのではなく、鉄骨に取り付けますので強度のほうも問題はありません。